Draw my life

自分の人生は自分で描く! 好きなように自分らしく〜!

東京ー香港ー東京ときて次はどこに住むのか。
自分の人生は自分で描く。日常の備忘録も含めた、微妙に熱血?ブログです。

引っ越し

東京というか日本おさめ

スーツケースにものが入るか心配です。
プレゼントをいっぱいもらい、お味噌とか調味料をいれたり。

最終出社も終えました。
いろいろあったけど、総論としてはいい人に恵まれ、いい経験がいっぱい
できました。

7年間と短い間でしたが、マーケティング、販促、営業を体験しました。
実績もそこそこできました。あとは基盤として活かすか活かさないかは自分次第。

4月からどうなるかわからないけど、どきどきわくわくです!

今日は最後の実家、東京、日本。
温泉おさめは昨日しました。

さて、スーツケースに詰め込まなければ!
明日から香港生活。


海外引っ越し

夕飯に香港名物の鶏の塩ゆでにとチャーシューをテイクアウトしようとしたら
想像以上の量とお値段でした。

やはり、広東語ができないとローカルフードは難しいです。
お金で解決できない問題もあります。
その前に英語も全然できまへん。

今日は誰かの役にたつのか謎ですが、海外引っ越しについて。

我が家は2社に見積をお願いし、最終的に譲れない点を実現してくれる
会社さんを選択しました。

譲れない点
①4月に請求書
②廃棄OK
③倉庫保管(2週間程度)

主人の会社は正式赴任後の4月ではないと経費請求ができなかったので
①はMUSTでした。

某社さんの考え方は、法人契約の場合、日本の家にて荷物搬出後、検収、翌月
入金。 作業完了後、検収という考え方は一般的ですが、作業完了は日本の家から
荷物搬出を指していました。

個人だともちろん先払いが基本です。

どのタイミングを持って作業完了というか、また、入金は検収翌月なのか当月なのか
ここがポイントです。

主人の会社は4月請求ならば4月入金可ということなので、日本にいる私が交渉をし、
香港の家に荷物搬入をもって、検収、当月請求、当月入金におさめることができました。

主人が既に渡港済みだと、私がやらねば誰がやる!?状態なので交渉毎も私が
引き受けてました。

私の法人営業の経験が役に立ったと思った日です。
その他はあれよあれよと実現可能でした。

今は、海外赴任も珍しくはないので、法人契約を企業同士、締結している企業も
多くないそうです。基本は会社が値引き交渉とかしてくれるそうです。

まぁ、主人の会社は法人契約もしておらず、いろいろと調整毎が多かったです。
香港行き船便25箱、実家への荷物10箱+食器棚、タンス、机等々にて37万
でした。やすいのかたかいのかわかりません。

箱詰めは業者さんがやってくれたので、通常の自分梱包より箱数は多くなります。
なんたって懇切丁寧に梱包してくれました。

当日も3時間くらいで終了し、荷物は今頃、船で運ばれているでしょう。

面白くないのでここで今日は終わりです。

 

上陸しました


香港 雑多な街で、雨と熱気でドキドキしながらバスを降り
ホテルへ。その日の夜は金縛りになって一人海外は無理かも
しれないと初日から挫折したことを思い出しました。

学生時代、初めて一人で上陸した香港。
まさかそれから9年後に住むことになるとは!!

いつか海外に住んで働いてみたいと漠然とは思ってました。
が、我が家は国内転勤もない会社に二人とも勤務。
結婚2年目にノリで戸建てを購入し、主人も私も仕事をやればやるだけ結果が
でるので楽しく、このまま国内で成り上がりたいと考えてました。

のんびりと日々を過ごしていたある日、主人に香港出張の機会があり、
主人の会社も香港支店を出したので、香港で仕事をしないかと誘われ
(厳密には自ら行きたいといったらしいが。。。)、まぁ実現したら
考えよう!と軽い気持ちで考えていたら、本当に転勤になり今日にいたります。 

本格赴任は4月からなのですが、今回、上陸した目的は家を探すこと
私の検索の仕方が悪いのか、家探しや海外引っ越しについての情報が
なかなか見つからなかったので自分の経験をここに書き留めたいなぁと
思います。

 
なにはともあれ、香港物価高いよ〜!
東京よりも高いと思うんだが!! 

  • ライブドアブログ