Draw my life

自分の人生は自分で描く! 好きなように自分らしく〜!

東京ー香港ー東京ときて次はどこに住むのか。
自分の人生は自分で描く。日常の備忘録も含めた、微妙に熱血?ブログです。

2015年03月

幸せについて考える

先日、夫がいきなり幸せについて語り始めました。
いきなりどうしたのやら?と思ったところ、語学学校で先生にあなたにとっての幸せは何か聞かれたとのこと。


で、なんて答えたんだ?と聞いたのですが、答えは出なかったそう。
ちなみに先生は今の生活は満足しているそう。
仕事もあって給料もよくて、やりがいがあるから幸せとのこと。

ちょっと斜に構えてみると、先生の幸せ=給料かつ内容が魅力的な仕事があることなのか。
 
さらに夫は先生に君は幸せだよと言われたみたい。
「駐在だから、家はタダだし、給料も多いだろう、そして仕事もあるし、家族もいる」
先生、お金という尺度でみると、あながち間違ってないけど、人によって幸せの尺度があるからちょっと違うような気もします。


夫にはあなたの軸で判断しないとなんだか違うとだけ言っときました。
それから、毎日なんとなくもやもや考えつつ。

「マズローの法則」を思い出しました。
幸せを求めるには何段階かあり、自分に何の欲求があるのかステージをしるとなんとなく紐解ける気が。詳しくは


何が怒りですか?と聞かれればスラスラ答えられるのに、何が幸せですか?は難しい。
幸せなことをつらつら言えるように、また、自分を理解するために、自分の欲求はどのステージか知ることからはじめます。

このステージが違う人同士話すから世の中うまくいかないのではとも思いました。
人によって、求めるのは違って当たり前だし、前提も違うし。

相手のステージに自分が立って話せば分かり合えるのかな。そういう視点もあるのねということで。
なんか、哲学的な内容になってしまった。

私たちの夫婦の幸せはお互い寄り添いながら、自分のやりたいことをできる範囲でして、たまには一緒に夕飯食べて笑うことですかね。

相変わらず、出張が多く、夫婦揃って香港にいれる日は数えるくらいです。

 

俺の割烹で美味しいてんぷらに会う

友達にゴリ押しされたのもあり、俺の割烹へ。

セントラルのランカイフォン手前らへんにどどんと。

頼んだのは下記。
・プレモル
・獺祭
・てんぷら盛合わせ
・淡路玉ねぎのグラタン
・アボカドと海鮮のサラダ
・鴨ネギ焼き



てんぷら盛合わせは値段見ずに頼んで240ドル。でしたが、海老天の大きさに驚愕。許す、240ドルの価値は大ありです。

あんなに大きい海老天、東京でもなかなか出てこないかも。。

お会計は900ドルくらい。このクオリティでこの値段は香港 和食ではお買い得!!

てんぷらもさっくり、玉ねぎは甘みが生かされてるし、鴨ネギはジューシーでした。アボカドサラダはドレッシングが美味しかったです。あれが市販のドレッシングなら泣きますわ。

最近わざわざランカイフォンまで行くのがしんどかったけど、これならいいかもー。(終電過ぎてのランカイフォンでタクシー拾うの大変。。おとといはいいタクシーおじさんに出会えました。)


また行きますー。
私の好きな俺のイタリアンも香港こないかなー。


出張生活

今月の成果

日本、上海、広州、上海ほぼ、香港にいなかったな。。

移動時間がほんともったないー(´・_・`)
また、月曜から上海さ、いきますや。

来月はタイ、東京、上海に隙間に広州だよ。こうなったらマイレージためまくります。

東京ぶらぶら

この前日本出張に行った時のことを。
 1年前まで慣れ親しんだ街である 東京。

職種が営業だったので、メトロの路線や乗り換えは頭に入って
いたし、どこらへんの降り場が階段近いとか乗り換えしやすいまで
も頭に入っていた。


なのに、なのにほとんど忘れてぱっぱらぱーだった。
衝撃的でした。


どこ行くにも、乗り換え案内は必須だし、電車乗っても行き先表から
目が離せなかったのは私です。

虎ノ門ヒルズに行ったり、懐かしい東京タワーを見たり、お世話になった
人たちに会えて充実でした。


そして、香港生活って歩かないなと改めて感じました。
たまには日本もいいものでした。


 
  • ライブドアブログ