Draw my life

自分の人生は自分で描く! 好きなように自分らしく〜!

東京ー香港ー東京ときて次はどこに住むのか。
自分の人生は自分で描く。日常の備忘録も含めた、微妙に熱血?ブログです。

2014年03月

東京というか日本おさめ

スーツケースにものが入るか心配です。
プレゼントをいっぱいもらい、お味噌とか調味料をいれたり。

最終出社も終えました。
いろいろあったけど、総論としてはいい人に恵まれ、いい経験がいっぱい
できました。

7年間と短い間でしたが、マーケティング、販促、営業を体験しました。
実績もそこそこできました。あとは基盤として活かすか活かさないかは自分次第。

4月からどうなるかわからないけど、どきどきわくわくです!

今日は最後の実家、東京、日本。
温泉おさめは昨日しました。

さて、スーツケースに詰め込まなければ!
明日から香港生活。


さようなら同期のみんな

暖かくなってきて、春らしくなる一方、くしゃみがとまりません。
風が強くふけばふくほど。

花粉症とは認めませんが!!

3月16日のTOEICと諸々の手続きのため帰国中してます。
あっという間に22日。

この6日間にあった1つを。
同期に壮行会をしてもらいました。

民需系の営業同期は総勢10名。
女性の同期は私含め5名。私だけが担当業種が違いますが、仲良くやってます
(と思ってるのは私だけではないはず) 

仕事の話をしたり、今後のこと、香港生活のこと。
わいわい話しました。

振り返ってみると、みんながいてくれたらか仕事を続けられたのかもしれない。
辛い時、顔を上げると遠くの席で誰かが頑張っている。
わりと遅い時間になっても誰か絶対いました。

みんな負けず嫌い。人一倍働く女性陣でした。
そして、なおかつ女子力高めという。
仕事の話をしても、なぜだか数字の話はしませんでした。
だから、心地よかったのかもしれない。

担当の業種や顧客が違うと数字のスケールも変わる。でも、営業って数字と
達成率を見られる仕事だから数字の話をし始めるとぎくしゃくするような
感じがする。


そんな大切な同期が最後に送別会をしてくれて、
さらには香港に早速きてくれることに!

これからも頑張ろう!
また、よろしくね〜で別れました。

いい会社生活を送ることができました。

 

徳成號に並んでみる

昨日の香港は久しぶりに晴れ間が見えました
ここのところずっとお天気がぐずぐずだったので。。。

今しかできないことをということで徳成號にいってきました。

写真は車です。お店ではないです。
画像1
現在の家はここの近所です。

4月には引っ越しして少し遠くなるので味見を兼ねていざ出陣。

8時半から並び始めました。ちなみに開店は9時半です。
9時くらいに一度お腹が痛くなり、主人にタッチして私は家に
駆け込みつつ。。。

家が遠かったら戦線離脱してましたわ
戻って来てから主人は出勤し、後はひたすら待ちました。

ひたすらTOEICの問題片手に並びます(笑)

前には50人くらい並んでましたが、開店から30分で
私の番まで来ました。

1人4つまで買えます。予約注文もすることが可能ですが、2ヶ月待つとのこと。
800個くらい用意してあるそうで、早めに並べばゲットできます。

我が家はココナッツエッグロールの小さいサイズ71HKDを購入

外身はこんな感じです。

画像1

中のエッグロールはヨックモックを想像してたのですが、太さは約2倍ほど。
ずっしりとしてます。
画像1

私の場合は2個食べてればお腹いっぱいになりました。
ただ、香港特有のくどさはなくてほのかに甘くて、卵を感じるようなお味でした。

シェリーベーカリーとの共通点はほのかに甘くて、素朴な味なような気が
します。砂糖どーん!ではない感じ。

そこで思うのは、上品な味付けにすれば商売繁盛するのでは?
素人考えなのですが


ここはまた並んで買いたいと思います。




Yesの意思表示

昨日はビクトリアピークに行こうと張り切って出かけたのに、曇り過ぎて
そして、トラムの値段が40ドルとちょっとお高すぎてびびってやめました。

普段4ドルとかの交通費に慣れ過ぎでもはや40ドルも高いと感じる今日この頃。
日本だと、まぁ普通の交通費ですが。。。

今日、マックで勉強してました。
中学生が私に隣座っていい?と聞いてきたので、何も考えず、首を縦に振りました

これ、間違っているらしいです。

香港では首を横にするのが正解みたい。
縦に振ったので、彼らは隣に座るのかと思いきや。。。

違う人のところに聞きにいきました
あぁ、ごめんね。本当に。

その瞬間、はっと思いました。

詳しくはこちらを。
http://news.ameba.jp/20131016-550/

意識しないとなかなか日本通りに動いてしまいます。

少年よ、すまぬ。
そしてその後のフォローする言葉もなかなか出ず。


異文化コミュニケーションはボディランゲージで埋めれると思ってましたが
真逆になると難しいです。

行動か口語か。
精進あるのみです。


写真は今日食べた飲茶たちです。
5品二人で100HK
やすい!

ただ、ビールは売っておらず、外で買ってこいと言われました



 
画像1
画像1

海外引っ越し

夕飯に香港名物の鶏の塩ゆでにとチャーシューをテイクアウトしようとしたら
想像以上の量とお値段でした。

やはり、広東語ができないとローカルフードは難しいです。
お金で解決できない問題もあります。
その前に英語も全然できまへん。

今日は誰かの役にたつのか謎ですが、海外引っ越しについて。

我が家は2社に見積をお願いし、最終的に譲れない点を実現してくれる
会社さんを選択しました。

譲れない点
①4月に請求書
②廃棄OK
③倉庫保管(2週間程度)

主人の会社は正式赴任後の4月ではないと経費請求ができなかったので
①はMUSTでした。

某社さんの考え方は、法人契約の場合、日本の家にて荷物搬出後、検収、翌月
入金。 作業完了後、検収という考え方は一般的ですが、作業完了は日本の家から
荷物搬出を指していました。

個人だともちろん先払いが基本です。

どのタイミングを持って作業完了というか、また、入金は検収翌月なのか当月なのか
ここがポイントです。

主人の会社は4月請求ならば4月入金可ということなので、日本にいる私が交渉をし、
香港の家に荷物搬入をもって、検収、当月請求、当月入金におさめることができました。

主人が既に渡港済みだと、私がやらねば誰がやる!?状態なので交渉毎も私が
引き受けてました。

私の法人営業の経験が役に立ったと思った日です。
その他はあれよあれよと実現可能でした。

今は、海外赴任も珍しくはないので、法人契約を企業同士、締結している企業も
多くないそうです。基本は会社が値引き交渉とかしてくれるそうです。

まぁ、主人の会社は法人契約もしておらず、いろいろと調整毎が多かったです。
香港行き船便25箱、実家への荷物10箱+食器棚、タンス、机等々にて37万
でした。やすいのかたかいのかわかりません。

箱詰めは業者さんがやってくれたので、通常の自分梱包より箱数は多くなります。
なんたって懇切丁寧に梱包してくれました。

当日も3時間くらいで終了し、荷物は今頃、船で運ばれているでしょう。

面白くないのでここで今日は終わりです。

 
  • ライブドアブログ